Atmos Tour r11ドライバー先端+グリップ / RBZ TaylorMade 6ブルーStiffシャフト+ Spec Fujikura f0357jeig9911-シャフト

プレミアム品質基本Epcoボッチェパッケージ – 110 mmホワイトとブルーボール、品質ナイロンバッグ、MEA。。。ダイブトランシーバー ロゴシーズ 1台 CASIO Logosease RG004 YL(865002)

Atmos Tour r11ドライバー先端+グリップ / RBZ TaylorMade 6ブルーStiffシャフト+ Spec Fujikura f0357jeig9911-シャフト

川崎市多摩区選出 元川崎市議会議員 佐藤光一のサイトです。
皆様の住みよい都市を実現するための日々の活動や雑感をお伝えしてまいります。

Primary Arms 4 – 14 x 44 FFPスコープACSS HUD .308 / .223 Reticle pa4 – 14 x ffp308 by Primary Arms


ラグビーワールドカップ日本大会で、日本はサモアに38対19で勝って1次リーグ3連勝、ボーナスポイントも含めて勝ち点5を加えてグループの首位に立ち、初めてのベスト8進出にさらに近づきました。

1次リーグ2連勝の日本は、5日、第3戦でここまで1勝1敗のサモアと愛知県豊田市の豊田スタジアムで対戦しました。

試合は序盤、互いにペナルティーゴールを決め合う展開となり、前半20分すぎに田村優選手が、この試合3つ目のペナルティーゴールを決めて9対6とリードしました。

このあとサモアの選手が重大な反則で一時退場となると、直後にウイングの松島幸太朗選手が持ち味のスピードで突破し、最後はセンターのラファエレ ティモシー選手が、この試合最初のトライを決めて突き放し、日本が16対9とリードして折り返しました。

後半も田村選手のペナルティーゴールやナンバー8の姫野和樹選手のトライでリードを広げましたが、30分すぎにサモアにトライを決められ、再び7点差まで詰め寄られました。

それでも直後に、途中出場の福岡堅樹選手が2試合連続のトライを決め、終了間際には松島選手がこの試合チーム4つ目のトライを奪い、38対19で勝ちました。

日本は1次リーグ3連勝で、4つ以上のトライを決めたチームに与えられるボーナスポイントも獲得し、勝ち点を14に伸ばしてグループAの首位に立ち、初めてのベスト8進出にさらに近づきました。

日本は今月13日に1次リーグの最終戦で、スコットランドと横浜国際総合競技場で対戦します。

NHKでは、日本対サモアの試合を、6日午前2時から総合テレビで録画で放送します。

◇グループAの状況
グループAはロシアに続いてサモアも1次リーグ敗退が決まり、残り3試合で、日本とアイルランド、スコットランドの3チームが決勝トーナメントに進む2枚の切符を争う構図となりました。

グループAは、日本が、勝ち点14で1位、アイルランドが、勝ち点11の2位で、ともに残りは1試合です。

勝ち点5のスコットランドは、まだ日本戦を含む2試合を残していて決勝トーナメント進出の可能性があります。

サモアは、5日の日本戦で勝ち点をあげられず、勝ち点5のままで1次リーグ敗退が決まりました。

ロシアは、3試合を終えて勝ち点0ですでに敗退が決まっています。

グループAは残り3試合で、今月9日にスコットランドがロシアと、12日にアイルランドがサモアと対戦し、13日の最終戦で日本とスコットランドが対戦します。

スコットランドとアイルランドが、世界ランキングが下で、すでに敗退が決まっているロシア、サモアに順当に勝つと、最終戦の日本対スコットランドが、決勝トーナメント進出をかけた大一番となります。

◇日本代表 ジョセフHC「チームを誇りに思う」
日本代表のジェイミー・ジョセフヘッドコーチは、「本当にチームを誇りに思う。1次リーグをトップで通過したいと思っている。スコットランドとの厳しい試合に備えたい」と話しました。

◇日本代表 ラブスカフニ“最後のトライ満足”
ゲームキャプテンを務めたピーター・ラブスカフニ選手は、「最後にボーナスポイントにつながるトライが決まって満足している。ファンは本当にすばらしく、最後の10分間は私たちを引っ張ってくれた」と充実した表情で話しました。

そのうえで、1次リーグ最終戦のスコットランド戦に向けて、「とても重要な試合になるので、今から準備するつもりだ」と気を引き締めていました。

◇日本代表 姫野「最高の形でフィニッシュ」
姫野和樹選手は、終了間際にボーナスポイントにつながる4つ目のトライを奪えたことについて、「最高の形でフィニッシュできたと思う。ボーナスポイントで大きな1ポイントを獲得して勝てたのでほっとしている。ここにいるファンの方やテレビで観戦しているファンの方の声援が選手の背中を押してくれた。残りの試合も必ず勝って全勝で決勝トーナメントにいけるように準備したい」と話しました。

◇日本代表 福岡「ハードワークの結果」
途中出場でトライを決めた福岡堅樹選手は、「自分の持ち前のスピードを生かして、チームに何か、いいインパクトを与えたいと試合に入った。ボーナスポイントも取れたし、チーム全員がハードワークした結果だ」と充実した表情で話しました。

◇日本代表 田村「みんながいい仕事」
この試合で4つのペナルティーゴールを決めた田村優選手は、「みんながいい仕事をしていいポジションでキックのチャンスを作ってくれた。いちばんいい結果が得られて、僕たちがどれだけ決勝トーナメントに行きたいか出せたと思う。スコットランド戦は僕たちがどうやって4年間過ごしてきたか、どういうラグビーをしたいかしっかりファンの方に見せたい」と話しました。

◇サモア代表HC「日本のほうがよいプレー」
敗れたサモアのスティーブ・ジャクソンヘッドコーチは、「今まで経験したことのない雰囲気で、観客の皆さんがすばらしかった。この試合だけではない。どの試合も、日本のファンたちによってすばらしい大会になっている。このすばらしい雰囲気の中で、私たちのプレーで観客に感激してもらおうと思った。前半は頑張ったと思うが、日本のほうがよいプレーをしたことは事実だ」と日本代表と日本のファンをたたえました。

また、キャプテンのジャック・ラム選手は、「負けたのは残念だが、日本は本当に強かった。試合全体でバランスがとれていたし、ときには15人より多い相手と戦っているのではないかという気持ちにさえなった。日本が残りの試合でもうまくいくよう幸運を祈っている」と話しました。